38歳 おいしいものを食べる、車の中で熱唱する

正直、まだ更年期障害という言葉は自分にはまだだろうと思っていました。

 

どちらかというと母や義母が実際、更年期障害に悩まされているようだったので大変そうだなという程度でした。

 

特に義母はけっこう症状が重かったようで、義妹とけんかになったり私と話していても暑くもないのにやたらに汗をかいていたり(さすがに私にイライラをぶつけることはなかったのですが)主人も母の姿に悩んでいたようです。

 

そしてなんとなく見ていた私ですが、35歳を過ぎたあたりからでしょうか、その兆候が見られるようになってきました。

 

私のような年齢だと子育てでイライラ…というのが一般的なのかもしれませんが、どうも違うようで特に理由もないのにイライラすることもたまにありますね。

 

最悪なのはその原因のわからないイライラを子供にぶつけてしまうこと。

 

子供は怯えて話すこと自体をを遠慮することもありますし、それを知った主人は私を叱る…私も反省はするけど内心なんで怒られないといけないの!と思うこともしばしば。

 

これがこの先続くのかとなると憂鬱になるばかりで悪循環ですよね。

更年期障害サプリはまだちょっと抵抗が・・・

やっぱり少し更年期障害の年齢にはちょっと早いのかな、そういうサプリメントはちょっと…という感じなんですが、成分なのを見ると早く摂取する分には全然問題ないのかな、むしろ食品なんかで接種したり、化粧品なんかで肌から導入してもどうしても限度があるので、サプリメントで内側から補充する形もありだと思います

 

実際に私もイライラもあるのですが、生理のサイクルが不順になってきたり女性ホルモンが減少してきてるのか、「ひげ」が生えてきてるんです(最初、産毛か毛穴の汚れかなと思ったら違いました)でも、このような症状も更年期に向かっていく体調のひとつだと思っているので、若いうちから体調を整えて、実際に更年期の年齢になってきたら症状も少なくというのが理想的ですね。

 

成分もハーブとかですし、メインは発酵大豆イソブラボンなので抵抗なく飲めると思います。

 

予防や、普段の生活習慣としても飲めるサプリメントですね。