45歳 イライラ、どんよりした時の対処法

40代を過ぎた頃からイライラしたり、どんよりと暗い気持ちや沈んだ気持ちになることが非常に多くなった気がします。

 

そんなときに私が実施している対処法は、とにかくじっとしない、ということです。つまり、活動的に何かに従事するということです。

 

具体的には、有機酸素運動であるエアロビクスやウォーキングなどをする、新しいレシピなどを取り入れて生活にメリハリをつける、交友関係を広めるために様々な活動にできるだけ参加するようにするなどです。

 

しかし、このようなことをしても根本的には気持ちが沈むことは避けられないときが結構あります。

 

ちょっとしたことで配偶者や子供がイライラするとこちらもそのイライラを直接受けてしまうので、せっかく対処法を取り入れてもすぐに覆されてしまう、という悪循環が止まりません。

まだ更年期障害!?とちゃんとした実感はないけれど

「更年期障害」という症状自体にまだ自分自身まだピンときていない部分がある気がします。

 

発汗などの明らかな症状はないのですが、気分的に浮き沈みが激しいのは環境が変化したからではないだろうか、といつも思ってしまうからです。

 

しかし、年齢的にも生理的にも、やはり更年期障害にぶち当たっている年代にいるのは確かなので、もしこの気分のイライラや沈んだ気持ちが更年期障害から来ているのであるとすれば、この時期をうまく超えないといけないということになりますよね。

 

私の場合、身体的症状としては、冷えや凝り症状というものは以前からあったものの、やはり40代以降は以前にも増してひどくなっているのは確かです。

 

整骨院に通ったり、ウォーキングをしたり、ストレッチをしたりして改善を狙っていますが、なかなか簡単には治りませんね。

 

同年代の友人も、「私も更年期障害かしら?」と言うようなことをよく言う人がいるのですが、やはりイライラしたり不安になったりということがしょっちゅうあると聞いています。

 

そんな話を聞くと、自分の症状もやはり年齢的にみて「更年期障害によるもの」なのだろうかと思わずにはいられません。

エクオールは、かなり興味あります。

小林製薬さん開発の「エクオール」はいかにも女性の味方の健康食品というイメージが全面的に出ていますね。

 

確かに大豆イソフラボンというものが女性ホルモンと関連性があり、摂取したほうがよいというのは理解していますが、これを摂取していてもきちんと吸収できる人とできない人がいるという事実にはびっくりしました。

 

この「エクオール」という商品は更年期障害で苦しんでいる女性にとっては大豆イソフラボンよりも強い味方になるということは理解できましたが、いまいち内容がまだ十分理解できません。

 

安全性や有用性、また手軽に毎日安心して摂取し続ける点ではよいと思いますが、もう少し具体的な説明がほしいですね。

 

40代の揺るぎ世代というのはやはり存在するのは事実で、それをこの「エクオール」がどのように手助けしてくれるのか、またその有用性などをデータに基づいてきちんと視覚的にみれる指標があるともっと積極的に摂取しようと思う女性が出るのではないでしょうか。

 

>>小林製薬のエクオールを見る